顎 ニキビ 治らない

ニキビを事前に予防する食事

毎日の食事からでもニキビは予防出来ます。
色々なスキンケアや美容液も効果は期待出来ますが、
それよりもインナーケアとして取り入れたいのがニキビ跡やニキビに効果的な食材を使った、毎日の食事です。

 

食事は誰もが3食食べるものであり、継続するものですから、効果が期待出来ます。
毎日の洗顔やストレス解消と共に食事のあり方を考えてみましょう。

 

 

まず、ニキビ予防として効果があると言われているのがビタミンB群です。
特にビタミンB2とB6に関してはニキビに効果的だと言われています。

 

ビタミンB2は脂質の代謝をアップさせ、過酸化物質と呼ばれるニキビの原因の発生を防いでくれますから、
是非取り入れたいビタミンです。
これが多く含まれるのはレバーやアーモンド、納豆やチーズ、サンマにサバなど青魚などがあります。
青魚がちょっと苦手だ、という人は多いですね。

 

そんな人はナッツ類を食べたり、納豆を毎食食べることは出来るでしょう。
ビタミンB6は皮脂の過剰分泌を抑える作用がありますから、こちらも青魚のイワシやサバ、まぐろなどに含まれますが、
バナナやさつまいもなどからも摂取出来ます。

 

次になくてはならないビタミンCがあります。
肌のターンオーバーを促すことが出来ますから、ビタミンC配合の化粧水などは出来立てニキビによく効きます。
ピーマンやホウレンソウ、ブロッコリーなどに豊富です。

 

ビタミンAはあまり聞きなれないかもしれませんが、実はニキビ予防に効果的。
βカロテンという成分をたっぷり含んでいますから、新陳代謝を促し、健康な肌のターンオーバーを助けます。
レバーやホウレンソウなどに含まれています。

 

ビタミンEは若返りのビタミンとも呼ばれており、抗酸化作用がとても強いビタミンとして知られています。
牛肉、ベーコン、カツオ、モロヘイヤなどに含まれますが、ナッツ類は脂質が多いので、摂りすぎに注意です。
ダイエット中ならおやつにナッツを選ぶのは正しい選択ですね。

 

その他、亜鉛が必要だったり、食物繊維が豊富なものがよかったりと色々言われていますが、上記をチェックすると、
バランスの良い食事が効果的だということが分かります。
偏食をしないで、しっかり色々な食べ物、特に青魚メインの食事をすることによってニキビを予防することが可能です。

 

レバーやホウレンソウいためなどは美味しく食べることが出来ますし、ベーコンエッグなども毎朝食べることが出来ます。
ビタミンAが多く含まれるニンジンは多岐にわたって色々な料理に使用できますし、これらの食材を使って
色々なレシピを考えていくと、ニキビ予防の食事はその数を超えるはずですよ。