顎 ニキビ 治らない

冬のテカリはニキビサイン

夏は気温が高いので皮脂が肌の表面に浮きやすくなり、
その結果として毛穴が詰まり、それでニキビができやすいというのは納得できます。
しかし寒い真冬にも顔をテカってしまう冬のテカリはニキビのサインです。
つまり冬のテカリはニキビができやすいという警告のサインなのです。

 

顔のテカリと脂性肌ケアには保湿が必要!

最初に知っておきたいのは、脂性の肌だからと、やたら洗顔を繰り返すのは
逆に皮脂分泌を促進してしまうことです。
洗顔をしすぎると当然皮脂が極端に少なくなります。
そうなると身体は本能的に肌の表面を保護しようとして皮脂分泌が活発になります。

 

つまり、洗顔のし過ぎはむしろ皮脂分泌を活性化してしまうので脂性肌を悪化させてしまうのです。
ですから多すぎる皮脂分泌を抑えるには、適度な洗顔は必要ですが、
それよりもむしろお肌のバリア機能を強化することが大切なのです。
すなわち、端的に言えば肌の保湿ケアをするのが脂性肌を改善する手段なのです。

 

大人ニキビは肌のバリア機能低下が招く!

大人ニキビができる原因のひとつは、お肌が乾燥してバリア機能が低下するからです。
冬に空気が乾燥するとお肌のバリア機能は低下しがちになります。
多すぎる皮脂がニキビを悪化させる原因ですが、ニキビを根本から治すためには
お肌の保湿ケアをしてバリア機能を強化すのが効率的だと覚えておきましょう。
冬のテカリがニキビサインということは、冬場にはお肌の保湿機能が低下しやすいからです。
したがって冬にテカリがある場合は、お肌の保湿ケアに努めるようにしなければなりません。